聖ヶ岩ふるさとの森 キャンプ場 2019.7.13~15

1.jpg久しぶりの3連休 とは言え梅雨まだ明けやらぬ空模様
今年の梅雨は長いなぁ、、と思いつつ
どこのキャンプ場に行こう?


娘に連休のキャンプの相談したけれど、この梅雨以上に曇り顔。。。
「宿なら喜んで!」と言われたけれど、それじゃぁキャンプにならないし。
せめてバンガローで勘弁してもらおうと探してはみたけど有名所はお高い。

ん?!
以前グーグルマップで何気に見つけた白河市公営キャンプ場
聖ヶ岩ふるさとの森
確かバンガローもあったっけ。

早速電話してみるも、土曜日のバンガローは既に予約で満室
日曜日は空きがあるとの事。ならば土曜日はテント泊、日曜日はバンガロー泊で予約
娘は、白河市のショピングモールで遊ぶ事を条件に渋々了承してくれました。

今回も仙台のNさんとご一緒です。

渋滞を避けるために早朝5時に出発!

外環から東北道へ
渋滞なく少し手前の那須インターで降りました。
5.JPG

新白河イオンに着いたのが8時。
6.JPG
まだ早すぎて食品しか営業してません(笑)
9時まで待って、イオン内のゲームセンターで少し遊びました。

次に向かったのが メガステージ白河
7.jpg
ダイソー、ユニクロ、ゲームセンター、スパーとなんでも揃うショピングモール
8.jpg
ここでも遊んで、早めの昼食を食べてからキャンプ場に向かいました。

県道58号線
10.JPG
キャンプ場に近づくなり、かなり道が細くなり
12.JPG
すれ違いが厳しいところも少なくありませんでした。

それでも無事 聖ヶ岩ふるさとの森ビジタセンターに到着
21.JPG
ここで受付を済ませて、キャンプ場に入ります。
ちなみにお値段
入場料 大人400円 子供200円 (市民は半額)
テント 1張510円 バンガロー 3180円 (Aタイプ) と格安!
ちなみにバンガローは6畳1間で何人泊まっても料金は変わりませんが
まあ、4~5人入れば一杯ですね。
もっと広いBタイプは6370円と、こっちも民営に比べたら格安です。


運良く、雨も降ってなかったので、適当な場所にテントを張り
15.JPG
夜の雨に備えて、小さめのタープも設営。

キャンプ場の紹介
16.JPG

テントは基本どこに張っても良いそうですが、キャンプ場の周りには羽鳥湖から流れる
隈戸川が流れていて、この時期はかなりの水量があり、川に近いと会話が出来ないほど。

トイレの写真は撮り忘れましたが、誰でもトイレ(洋式)もありキレイに管理されていました。
炊事場もキレイです。
51.jpg
52.jpg

ビジタセンター内には、ボルダリング施設があり
23.jpg
低料金で体験ができます。
34.jpg
キャンプのレンタル用品やシャワーもあります。
145.jpg
136.jpg
140.jpg
133.jpg

ちなみにビジターセンターではWi-Fiが使えますがキャンプ場では携帯ですら、電波が入りません。
ゴミも持ち帰りとなります。

夕食までは少し時間があったのでキャンプ場の周りを散策
目の前にはキャンプ場の名前になっている 聖ヶ岩
32.jpg
大日ヶ岩
46.JPG
クライミングでは有名のようだけど、クライミングには興味がない(と、言うより絶対やりたくない)
ので遠くから眺めるだけ。

キャンプ場から10分くらいのところにある不動滝に行ってみました。
43.jpg
なかなかの水量です
42.jpg
44.jpg

キャンプ場周辺には手頃なハイキングコースや
権太倉山(ごんたくらやま)登山もできるようです。


テントに戻って娘は早速スライム作り
49.jpg

僕らは早々にビールで乾杯
55.jpg

夕食は、稲庭うどんを茹で、焼き肉と一緒に肉うどんにしました。
56.JPG
水が冷たいので、よく冷えたツルツルの美味しいうどんがたべられます。
59.jpg
57.jpg

トランプで遊んで
62.jpg
焚き火と
66.jpg
花火を楽しんでいると
69.jpg
ポツポツと雨が。。。そのうち盛大に降ってきました。

タープも年数が経っていたので、所々雨漏りがしてきて、限界を感じます。
さすがのスノピも経年変化には勝てませんね。買い替え時かも。

そろそろ寝る時間と、思ってテントに入ると、なんとこっちも雨漏り。。。
タープと違って、こっちは寝床なので、洒落になりません。
考えてみると、こっちのアメニティドームも10年以上かぁ。
最近は加水分解が始まってきたから、そろそろかなとは思っていたけどここで、限界がくるとは。
さて、雨がどんどん強くなっていくし、ん~どうしよう。
しかない。。。
急遽、車のシートを倒して寝床を確保。どしゃ降りの中、マットとシュラフを移動して、
なんとか横になることができました。
いや~、雨の中の移動は辛かった。
娘もすっかり眠気が覚めてしまったようです。。。


2日目

雨の朝を迎えました。
79.jpg
テントを確認したら、やっぱり水が溜まってた。

娘が玉子焼きを焼いてくれました。
71.jpg
73.jpg
76.jpg

朝食を終えて、今日は須賀川市方面に向かってみる事にしました。
来る前に観光名所を確認してみたら、乙字ヶ滝ウルトラマン記念館かな

須賀川市に向かう途中、こんな看板を発見
82.JPG

看板を頼りに寄り道してみると、鏡石町の図書館に到達
84.JPG
こんな牛くんに迎えられ
83.JPG
図書館の4階に上がって見ると、田んぼアートを見る事ができました。
103.jpg

鏡石町のhpより

平成24年から始まった「かがみいし田んぼアート」は、今年で8年目を迎えます。
 今回の絵柄はこれまでのコンセプトである「窓から眺める絵本 ~もう一つの"図書館"~」、童謡・童話、唱歌シリーズを受け継ぎ、「眠れる森の美女」に決定しました。
 絵柄「眠れる森の美女」は、昨年に引き続き有名アニメの作画を数多く手掛けた、アニメーターの湖川友謙(こがわとものり)氏がデザインしました。
 王女がいばらに囲まれて眠っている姿が印象的で、タイトルシーンの一部が描かれています。田んぼのキャンパスに絵本の世界を表現し、そのシーンを「牧場のあーさー♪」がのぞき込んでいるように観えると思います。出穂の時期には、このタイトルシーンがよりリアルに表現されます。
 今年も種まき、育苗、絵の下書きとなる測量作業、田植えと岩瀬農業高校の生物生産科作物専攻班と環境工学科測量専攻班に全面的な協力を得ています。昨年より苗を1種類増やし、過去最多の6色9種類の苗を使用しています。
 田んぼアートの見ごろは、7月から8月です。小さな苗一つ一つが作り出す、大きな農芸術「かがみいし田んぼアート」。今年も皆様のご来場をお待ちしております。

原画はこんな感じで
2019tanbo[1].jpg
実際の田んぼは
93.JPG

96.jpg

素敵な田んぼアートでした。

乙字ヶ滝
106.jpg

109.jpg
梅雨の時期とあって、なかなかの水量があり、思ってた以上に見応え充分

このあと、ウルトラマンミュージアムに向かうも、近くでお祭りがあり
交通規制で近づけない状況だったので、諦めました。


夕食の食材を買って、キャンプ場に戻りました。
今晩泊まるバンガロー
111.jpg
ウッドデッキには屋根があって、夕食はそこで準備
と、言っても惣菜を買って、簡単に済ませてしまったけどね。
ちょっと薄暗かったけど、何より雨がしのげて快適
112.jpg


3日目
119.jpg
朝食はパン
115.jpg
118.jpg

ビジターセンターで、娘がボルダリングをやりたいと言うのでやってみました。
121.jpg
靴も借りられます
120.jpg
122.jpg
下で見ていると簡単そうだけど、やってみると難しいようです。
128.jpg
僕らはコーヒーを頂いて、少しまったり
143.jpg
144.jpg
ボルダリングも飽きたので、帰るとしますか!

Nさん、お世話になりました。

雨続きで、テント浸水もあったけど、それでも楽しかったな。

さて、テント考えないと。。。