キャンプマット 2020.3.15

1.jpg
昨年Amazonで買ったエアーマット
2.jpg
コンパクトになって、Amazonの評価は良く、安かった(2500円くらい)ので買ってみたけど
数回使用しただけで、エアー漏れ
安物買いのなんとか になってしまいました。。。

追い打ちをかけるように スノーピークのマットもエアー漏れ
3.jpg
こっちは15年以上前のモデルなので経年劣化かな。
エアー注入口あたりから漏れているようです。
5.jpg
これは時間があるときに、修理してみようかと思ってます。

そんなわけで、マット購入を検討

ウェブサイトでは下調べしたものの、やっぱり現物を見て購入したいので
休日に娘とモンベル京橋店に行ってきました。
6.jpg
7.jpg
スタッフの方に勧めれて、いくつか試してはみたものの、少しでも荷物を小さくしたかったので
U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 に決定
ただ、このマット自動膨張式ではないようで
スタッフの方曰く、「息で空気を入れるのは、なかなか辛いですよ。ポンプバックをおすすめします」とのこと
10.jpg
ん~どうしようか
実は、先のスノーピークのマットは、収納袋にポンプが付いていたものの、経年劣化(加水分解による劣化)
で使えなくなってしまった経緯があって迷いました。
が、結局購入してしまった。

収納サイズはスノーピークより若干小さめ
8.jpg
全長は150㎝、枕を付ければ僕の身長だったら十分に寝られます。
9.jpg
パッドに取り付けられているストラップが枕の固定に使えます。
13.jpg

マットの厚みは25ミリと、厚くはないものの、まずまずの寝心地でした。
14.jpg
補修セットも付いてます。
11.jpg


ツーリング荷物縮小計画
シュラフを圧縮するコンプレッションキャップ M
15.jpg
メインで使っているスーパーストレッチダウンハガー2#(廃盤)
17.jpg
18.jpg
普通に収納袋に押し込むと40センチ
19.jpg
コンプレッションすると30センチになりました
20.jpg
この差が大きいか小さいか微妙ですが。。。


さて バイクネタでもう1つ
汎用ウインドスクリーン スポイラー
22.jpg
MT-07に純正オプションでスクリーンは付けたものの、ネイキッドなので小さめ
もう少し防風してほしくてAmazonで購入し取り付けてみました。
説明書は図解のみですが実物と比べながら組み立てれば難しくはありません。
23.jpg
たた、アマゾンの評価にあったとおり、説明書のイラスト(シリコンゴム取り付け)は間違ってます。

ねじ止め剤は入っていなかったので、追加でロックタイトのねじロックも購入
24.jpg
純正スクリーンにねじ止め(シリコンにより傷は防止されます)
25.jpg
ロックタイト注入
26.jpg
27.jpg
純正スクリーンに厚みがあり、しっかりしているので、ブレることなく取付られました。
28.jpg
効果の程は、次回のツーリングで試してみようと思います。